使用中のiPhoneアプリ65本

Apple iPhone 3G を使い始めて約一年。一カ月目で書いた 複眼中心: 使用中のiPhoneアプリ56本 の記事が人気なので、ここらで更新しておこうと思う。iPhone 3GS を今週末に買った人には「こんなアプリがあったのか!」という発見があればいいし、iPhoneをまだ使っていない人には「こんなことができるのか!」と思っておもらえればこれ幸い。なお、アプリがホームのどこにあるかは使用頻度にほぼ比例するので、そのカテゴリーごとにミニ・レビューしていく。

Dock内

iPhoneDockには最も頻繁に利用するアプリ4本が入っている。

メール

当初のバージョンに比べると、絵文字の送受信はできるしデコメの受信も可能になった。送信済みのメールを編集して再送信できないのは相変わらずだけど、iPhone OS 3.0 からコピペできるようになったんでそれで回避することもできるようになり、だいぶ使えるようになった。ま、あとはメール・リストの差出人名を連絡先の名前で補完してくれて、迷惑メール・フィルターを備えてくれて、振り分けルールがMacと同期してくれるようになれば最高だ。

SMS/MMS

妻もiPhoneユーザーなので、文字での連絡はメールではなくSMSになっているのでDock内に。iPhone同士では絶対にメールよりもSMSのほうがおもしろい! インターフェースが違うだけなんだけど、本当にiChatしている感覚でコミュニケーションが取れる。「えーと」とかの一行でチャットのメッセージを送ることはあっても、メールを送ることはないよね?(世代によっては送るのかもしれないけど……) それがSMSだと見た目がiChatなんで違和感なく送れるのだ。SMSが起動したままなら「ぽわっ」「ぽよっ」というiChatのサウンドそのままだし、まさにチャット間隔で使えるところが今までのケータイ・メールとは違った間隔だ。

iPhone OS 3.0 からMMSに対応したけど、これは使いどころに注意が必要だ。デコメがまともに表示できないことを問題視する人もいるけど、個人的にはCcができないのがつらい。飲み会の予定やらを複数人でこのSMS/MMSで決めていくのはちょっと難しいと思うので、全員Toはできました。基本的にはiPhoneユーザー同士で “写真も送れるSMS” ぐらいで使用している。メールとは違ってSMS/MMSで受信したメッセージは待ち受け画面にプレビューが出るし、ロックを外すとそのままSMS/MMSに飛んでいくので便利は便利なんだけどね。

ま、メール関連について別エントリーで今後まとめていきたいと思う。

Safari

EZwebを見ることなんて本当に必要に迫られたときしかなかったけど、SafariでWebを見る頻度が相当高まった。なにしろEZwebにくらべてオープン・インターネットは情報量が圧倒的に違う。終戦記念日の会社からの帰り道で「今日は日本はお盆だしインドは独立記念日で祝日だし暇だったねー」という会話を聞いた瞬間に「なんで8/15はインドの独立記念日なの? 韓国の光復節みたいなもの?」ってをの帰りの電車で調べられるわけるし、調べる気になるわけですよ。

ただ、Safariがメモリーを圧迫していていろいろなアプリの不安定さにつながっているのも事実。「なんかiPhoneが不安定だな」と思ったら、Safariを起動したら電源ボタンを長押しして「電源オフ」画面を表示して、ホーム・ボタンを10秒長押しでSafariを強制終了させると良い。って孫さんも言ってた

iPod

ビデオもプレイリストに分けたいってのはあるけど、全体的に良くUIが練られてる。どんな状態でもホーム・ボタンをダブル・タップすればiPodのコントロールが出てくるのもいいし、ヘッドフォンを抜くと必ず再生がオフになるのもすばらしい。

一枚目(Tier 1)

一日に一回以上使うアプリが一枚目を占めている。

計算機

ボタンの大きさといい、机に置いて片手で打てるとこといい、ケータイの計算機は「ないよりはマシ」って感じだったけど、このiPhoneの計算機はけっこう使える。

ただし、一般的な電卓と違って、+や-よりも×や÷が優先されるので注意しよう。1 + 2 × 3 は、一般的な電卓では9だが、このアプリでは7になる。

産経新聞

朝起きてすぐにiPhoneを起動してまず最初にやることが、このアプリを起動して『ひなちゃんの日常』を読むことである。記事が右派すぎてて政治欄はちょっと鼻につくところもあるけど(ボクは読売派)、Webの記事では読めない読み応えのある特集などがある日は通勤中に楽しんでいる。なぜ産経新聞がまるごと無料で読めるのかは ITmedia: 産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え に載っている。

電話

「電話」をDockに入れておくと誤って発信してしまうことがたびたびあったのでここに移動。青い矢印でないところをタップすると即座に発信してしまうのがいかにも米国製って感じだけど、ビジュルアル・ボイスメールはかなり良く、留守録に対する敷居の高さがだいぶ取れたと思う。

連絡先

レコードのフィールドのカスタマイズ性の高さは今までのケータイでは味わえなかったポイント。UCS-2の文字すべてが登録できるから、中国人の友人や中華料理店を登録するときもがっくりしないし、もっと身近なところでは宮﨑さんを宮崎さんにしなくてもちゃんと登録できる!(ただし、その人にメールを送るとISO-2022-JPじゃなくてCP932でエンコードされるので注意)しかし、iPhoneからの電話番号登録では-(ハイフン)の入力できないのとグループ登録ができないのはなんでだろう……。

Yahoo!天気情報

Webクリップ。トップは全国の天気だけど、パーソナル天気を登録してそこをWebクリップしておくとかなり便利である。ネイティブ・アプリとしては ウェザーニュース タッチ なんかが人気だけど、起動時にピンポイント天気が表示されるようになるまでは、Yahoo!天気情報のパーソナル天気のほうがタップ数が少なくアクセスできる。

マップ

GPSを受信するまでの時間はEZナビウォークでは明らかに退屈だったけどiPhoneはそれを感じさせないし、「コーヒー」と入力すると回りのStarbucks / ドトール / TULLY’Sのピンがバラバラ降ってきてとても便利だ。実店舗を探すに当たってこれ以上便利なアプリはないのではないだろうか。iPhoneを持っていない人にデモするにあたって、なにげに一番インパクトのあるアプリがこれであったりする。

時計

個人的には見やすい世界時計であることだけでもありがたいんだけど、けっこう高機能なアラームがついているのもこれまたありがたい。アラーム音は着信音を使えるので、GarageBandでさくっと作れば好きな曲で目覚められる。

カレンダー

会社のカレンダー・システムに NotifyLink On-Premise が入っているので、Over The Air されてiPhoneからカレンダーがオフラインでも見られるのが死ぬほど便利。iPhone OS 3.0 からCalDavや照会カレンダーにも対応したことで、このアプリの重要性はますます高くなった。複眼中心: iPhoneに祝日を自動登録 も合わせて読んでほしい。

駅探エクスプレス

お馴染みの電車の乗換案内なんだけど、サードパーティ・アプリにして純正アプリ以上に “iPhoneアプリのUI” のお手本となるクオリティ。NAVITIMEはケータイ・アプリをそのまま移植して即撤退という黒歴史化してしまったわけだけど、駅探という良いお手本を習って月額料金を取れるレベルでそろそろ再登場してくれないだろうか。

TwitterFon

Twitterクライアントはいろいあるけど、TwitterFonは Gizmodo: iPhone対応Twitterアプリのベスト&ワーストをドバッと! で無料アプリのベストになっている。無償アプリではNatsuLiphoneも人気だけど、地下鉄通勤者としては未読をすべて初回時に読み込んでくれるTwitterFonのほうが便利である。

Evernote

iPhoneを買ってよかったと最も思わせるアプリの一つ。Mac/Windows版のアプリやWebアプリがあるので、まずはそこに「一生にあともう一度ぐらいは見直すだろう」という情報は何でもコピペしておく。そうすると、自宅のMacからもで会社のWindowsからでも出先のiPhoneでもどこでもその情報にアクセスできる。たとえば、訪問しなければいけない会社(飲み会の場所)の地図や乗換案内の検索結果などを貼っておくと、それがiPhoneからいつでも見られるってわけだ。Favoritesに登録したものはオフラインでも読めるので、電波のないところでも安心。基本的にコピペできる情報なら何でもEvernoteに貼れるし、HTMLのリンクなどもそのまま有効なので、クリックすればSafariが起動する。

また、ここまでなら紙copiでもできるが、Evernoteは画像からの文字認識(英語のみ)が手書きの筆記体も読めるぐらい驚異的にすぐれているため、iPhoneのEvernoteで飲んだビールのラベルを写真に取っておけば「あのビール飲んだのいつだっけ?」という検索もできるし、iPhoneの写真には位置情報も入っているので情報量の多いライフログがそれだけできる。また、音声レコーディング機能もあるので「メモしたいけどiPhoneのキーボードじゃ面倒」という状況でも写真や音声で簡単にメモできるので、出先でのメモ量が圧倒的に増えた。

Webから貼ったものはEvernoteにソースURLも保存されるので、ボクははてなブックマークでやっていたこともEvernoteに移行してしまった。はてブだとページ全体しかブックマークできないし、Webのある環境でしか見られないし、Webの情報しかブックマークできないし、また、Evernoteだと自分のデータとしてオフラインに貼っておけるので、もっともはてブで気になっていた「ブックマーク先のページがなくなると情報が参照できなくなる」というリスクがなくなったしね。

Remember The Milk

タスク管理は名前からアイコンまで似たようなものが大量にあるけど、ボクは Remember The Milk と同期できるAppigoTodo をもともとは使っていた。ところがこのToDoは iPhone OS 3.0 になってから期日が同期できないという致命的なバグを抱えてるため、とりあえず現状では Remember The Milk 純正アプリを代打に使っている。Remember The Milk よりもTodoのほうがタスクを完了させるにも期日を変更するにもワンタップ少ないので、やっぱりTodoのほうが好きなんだけどね。どうやら Apple Push Notification サービスに対応しようとして3.0対応が遅れているようなので、対応したらさらにキラー・アプリになることだろう。

OmniFocusThingsも人気みたいだけど、アプリとの同期が結構面倒なので、起動するだけでとりあえず同期してくれる Remember The Milk やTodoが好きだ。

ちなみに、Rember The Milk は「iCalendar イベントサービス(すべてのリスト)」という照会カレンダーも用意しているので、これをiPhoneのカレンダーで照会することでタスクの期日をカレンダーからも見ることができるようになっている。

豊平文庫

青空文庫リーダーとしてはこの豊平文庫とi文庫が二大アプリだろうけど、ボクは豊平文庫のほうがデザイン的に好きだったのでこっちを使っている。カバンの中が重くて書籍を持ち歩きたくないときにも豊平文庫でなにかしら読めるので、通勤の電車の中でヒマを持て余すことがない。ケータイで読書する人をボクはちょっと信じられなかったけどiPhoneで読むのは苦痛でなく、結構普通に読めてしまう。青空文庫リーダーを選ぶには マイコミジャーナル: そろそろiPhoneで本を読みたい頃 – タイプ別に見るiPhone用ブックリーダー が参考になるだろう。

大辞林

国語辞典もいろいろそろってきたけど、インターフェースのすばらすさでは大辞林に勝るものはないだろう。「辞書に潜る」という体験ができるすばらしいアプリである。個人的には新明解国語辞典が好きなんだけどリリースされていないので、大辞林でもこの際オッケー。

ウィズダム英和・和英辞典

検索方法が大辞林に比べるとシンプルなんだけど、辞書の内容としては一番ウィズダムが好きなのでこれを使っている。

Wikiamo

Wikipediaリーダーもいくつかあるけど、このWikiamoがアップデートも多くて期待できる。仕事で流通センター駅に行くときに「モノレールって何なの? 鉄道に比べて何がメリットなの? なんで流行ってないの?」と悩んでしまったりしたときでも、いくらでもその場で調べられるのが最高である。

二枚目(Tier 2)

iPhone二枚目は一週間に一回は起動するという頻度のアプリだ。

会社の社員検索システム

そのままはインターネットに公開されているわけではないんだけど、公開されているSSL-VPNのURLごとWebクリップしている。待ち合わせしていた営業さんの電話番号を調べるのにも便利だし、「○○部の△△さんカワイイ!」って話に昼食時になってもいつでも顔写真が調べられるというステキっぷり。あとは誰がこれのネイティブ・アプリを作るかだな。

なお、アイコンに使用している画像は How To Set an Apple Touch Icon for Any Site の Set touch icon というBookmarkletを使用して設定した。

Yahoo! News

これもWebクリップなんだけど、新聞を取っていないボクとしては、どこでもニュースがほぼ無限に読めるってのがありがたい。ただ、Yahoo! News のリンク先はたまにiPhoneに最適化されていないので、電車の中だと読みづらかったりする。

Delivery Status touch

普通の宅配便はだいたい翌日着くのでトラッキングするほどじゃないんだけど、クロネコメール便を出したときなんかは相手に届いたかがどうかが分かるので重宝している。MacのWidgetとも開発元のサーバー経由で同期してくれるので、いちいちiPhoneで入力する必要はないしね。

株価

グラフがローソク足でないのが日本人としてはどうも使いにくいんだけど、実はこの「株価」でも為替レートが分かるのが便利だったりする。この株価に USDJPY=XEURJPY=X を登録しておけば「1USDはJPYでいくら?」と「1EURはJPYだといくら?」が見られるし、前日比は出ないもののグラフが出るのでなにげに便利。もちろんこの文法で他通貨も参照できる。

AIM

iChatと互換性のあるチャット・クライアント。iPhoneはシングル・タスクなのでAIMを起動している状態でないとオンラインになれないので、誰かを待つことはできなかったんだけど、iPhone OS 3.0 の Apple Push Notification サービスに対応したので、PC/Macが起動しているときはiPhoneでチャットを受け取らず、PC/Macが起動していないときはiPhoneで受け取るということができるようになったらしい。まだ試したことないけど。

balloo!

定番アプリじゃないけど個人的に大好きなアプリがこれ。2ちゃんねるの各テレビ実況chのレスを自動スクロールして表示してくれるだけのアプリなんだけど、これがとてつもなく面白い。サッカーをスポーツ・バーで見ると楽しいのは、みんなであーだこーだ言いながら見られるからだ。このアプリは、その “みんなであーだこーだ” をすべての番組で行えてしまうってこと。個人的にはケータイでワンセグ見るよりも、iPhoneでBalloo!を見るほうが楽しいと思う。

Remote

iTunesをiPhoneから操作できるソフトなんだけど、これは単にPC/MacのiTunesを操作してPC/Macのスピーカーから聞いてもあまり意味がないと思う。その程度なら Apple Remote + Front Row でできてしまうが、このRemoteは AirMac Express のAirTunesや Apple TV と合わせると理想的なネットワーク・オーディオ環境が構成できるのだ。Slim Devices Squeezebox Duet も同じことができるけど、日本では手に入らないし、iTunes Store で購入した曲が聴けないしね。

iTunesさえ家の中のどこかで起動していれば、ソファに座りながら聴きたい曲をRemoteで選ぶと AirMac Express 経由でリビングのスピーカーが鳴るので、Macの存在も赤外線ポートの場所も意識せずにCDプレーヤー以上の使い勝手が実現できるのだ。これぞ21世紀のオーディオ・ライフって感じだが、あとは AirMac Express の音質がもっと良くなればなぁ……。

1Password

iPhoneでユーザー名 / パスワードの自動入力が実現できるようになるアプリ。しかもMacと手動開始ではあるけれどWi-Fiで同期できるってのもいいね。ただ、起動するのがSafariではない独自のブラウザーになってしまうので、その辺の柔軟さには少し掛けてしまうところがあるけど。なお、パスワードだけでなく、WalletやNotesに認証しないと見られないメモを作れるので、ボクは新生銀行のセキュリティ・カード番号表なんかもここに転記して使っている。セキュリティ・カードを財布に入れているより1Password内に書いておいたほうが遥かにセキュリティ・レベル高いからね。

Yahoo!

Webクリップ。My Softbank から割引前のパケット通信料を見て笑うのがおもしろいし、なにげにYahoo!オークションも最適化されていて使いやすい。

Amazon.co.jp

Webクリップ。Amazon.comはネイティブ・アプリが配布されているんだけど、Amazon.co.jpはいまだないのでWebクリップで。とは言えUIはiPhoneに最適化されているので死ぬほど重いなんてことはない。

写真

Apertureともちゃんと同期できるところがありがたい。ただ、iPhoneのカメラで撮った写真はカメラロールにただただぶちこまれていくので、これをフォルダ分けするにはApertureなりiPhotoなりで行う必要がある。iPhone上でアルバム整理するとiPhotoにもそれが反映されるとかだと良いのに。

カメラ

Evernoteでも写真は撮れるけど、すぐに起動する点ではこちらのアプリのほうが使いやすい。

iSSH

「iPhoneってなにができるの?」と同僚に聞かれたときはこれ。iPhoneからいつでもどこでもSSHできてしまうのだ! いやー、便利すぎ。これで自宅のサーバーの監視ソフトが悲鳴を上げてもその場ですぐに対処できてしまうのだ。公開鍵暗号認証ができるので、多くのインターネットに公開しているSSHにもつなげる。

ファイルの概念がないiPhoneでどうやって鍵をやりとりするのかと言うと、まずiSSHを起動したタイミングで鍵ペアを作成する。そして設定した接続先に「Transfer Public Key」というボタンがあるのでそれをタップするとSSH経由で $HOME/.ssh/authorized_keys に公開鍵が登録されるという仕組みだ。ただ、逆に言うと公開鍵暗号認証でしかログインできないサーバーには公開鍵を登録できないので、そのような場合は、メールで公開鍵を送信することもできる。

ボクの家ではLinuxサーバーは常時起動しているけどMacは外出中には大体スリープ状態なので、Macを Wake on LAN でスリープ解除できるようにLinuxにether-wakeを入れ、MacにはCUIからスリープさせられるSleepNowを準備している。

WifiTrak

「設定」アプリでは見つけられない微弱な電波のAPを見つけることもできるしセキュリティ状態なども一目で分かるので、街中で無線LANアクセス・ポイントを探すには重宝する。特に海外出張中は3G回線でデータ・ローミングすると確実にパケ死するので、このアプリなくしてiPhoneは使えない。

Memory Status

Windowsならタスクマネージャ、Macならアクティビティモニタ、Linux/Unixならpsやtopをすぐに見てしまう人には必須のこのアプリ。メモリーの使用状況やプロセス一覧が見え、プロセスを終了させてメモリーを解放することもできちゃう。

設定

航空機モードにしたり、なんだかんだでちょくちょく使う

三枚目(Tier 3)

iPhone三枚目は一カ月に一回は起動するという頻度またはとりあえずお守りとして入れてあるアプリ。

Air Sharing

Evernoteに貼ったPDFよりも Air Sharing に入れたPDFのほうがより拡大できるので、細かい字を読まなければいけないPDFなんかは、この Air Sharing 経由で読んでいる。

Dropbox

Webクリップ。DropboxもiPhoneに最適されているので、Webクリップでもあまり困らない。Dropboxに入れているファイルというのは大抵どこでも見たいファイルなので、それがiPhoneから見られるというのはもちろん重宝する。

AccuFuel

燃費管理アプリとしては、これが使いやすくてデザインもいいしおすすめ。とりあえず日本人の慣れているkm/Lで燃費が出るのも重要なポイントだ。

ガス探 LE

現在地の近くのそれぞれのガソリンスタンドの価格をgogo.gsのAPIから引っ張ってきて表示してくれるアプリ。ただし、マップが表示されずに住所だけ、さらに住所はなぜかコピペできないという状況なので、住所をカーナビに入れるはめになるところがいまいち。今後に期待。

Best!価格

すでに配信停止されているようだけど、価格.comのAPIを使って、価格.comの最安値がiPhoneから見られるのが便利。現在配布されているアプリとしては価格ポン!があるけど、これよりBest!価格のほうが使いやすいと思う。とは言え、Best!価格より良いアプリを作ることも十分できそうなので、誰か作ってくれないかなー。ってか、価格.comのWebがiPhoneに対応してくれれば良いんだけど、PC版のままだとiPhoneには重すぎて調べたい価格がなかなか出てこない。

Midomi

70年代ダンス・クラシックの流れるクラブに行くと、リクエストしたい曲はいくらでも鼻歌できるんだけど「あの曲のタイトルなんだっけ?」という状態でリクエスト・シートが書けないという悲しい思いを何度もしている。そんなときには鼻歌から曲名を検索してくれるこのMidomi! Webでもサービスしてたけど、Midomiはモバイルでこそ真価を発揮できると思う。とは言え、ボクは無料のときに入手したけど、今は600円かぁ……。

YouTube

友人と「あれ見た? え、まだ見てないの?」って話になったときに、このアプリで見られるのは便利。iPhone OS 3.0 からはPC/Macから登録したお気に入りが、このアプリの「よく使う項目」として見られるのでだいぶ使い勝手が良くなった。

ニコニコ動画

友人と「あれ見た? え、まだ見てないの?」って話になったときに、このアプリで見られるのは便利……なはずなんだけど、画質が悪すぎて流れるコメントがまともに読めない(笑)

Skype

こちらはAIMと違ってまだ Apple Push Notification サービスに対応していないので、常にアプリを起動していないと受信できない状況なので、いまいち使用用途がない。Skypeで発信することが多い人には便利かもね。

ぐるなび

クーポンを印刷し忘れたときにはこのアプリで表示すれば良いので助けられる。

ホットペッパー

ぐるなびでクーポンが見つけられないときはこちらから。

食べログ

ぐるなびやホットペッパーでは「おいしい」という最も重要な条件で検索できないので、国内出張先で自分が食べたいものを探すときはこのアプリだ。

Simplex FX

ボクはFX自体はやっていないけど外国債券ファンドやら外貨MMFなどの為替に関わる投資をしているので、日足や時足を見たいときとかには重宝する。

Measures

単位変換アプリもいろいろあるけど、ボクはこのUIが好きでこれを使っている。

Gengou Free

官公庁なんかの書類の多くは元号での記載が求められるんだけど、自分の誕生日と今年ぐらいしか元号で覚えてないので、そういうときにちょっと使える。

Numberkey Free

iPhoneをPC/Macのテンキーにしてしまうソフト。まず、そのコンセプトが良いよね。どうしてもテンキーが欲しいという状況がありそうで今のところないので実際に使ったことはないんだけど。

四枚目(Tier 4)

iPhone四枚目にはゲームと、Apple純正で消せないんだけどほとんどまったく使わないアプリが入っている。

App Store

人気アプリランキングはMac/PCのiTunesより見やすいので、たまに見ると新しい発見があったりする。

iTunes

ま、自宅でどうしようもなくごろごろしているときには使ったりするけど、Wi-Fi環境でしか使えないならPC/Macで視聴するよね……。

麻雀刑事

ゲームボーイアドバンスからの移植ということもあって、ほかの麻雀アプリとは明らかに違う完成度 & 価格。最近はたまにしかやらないけど、リリース直後はずいぶん遊んだなー。ただ、キャラクターによる打ち方の個性がないのが残念。もっと鳴くキャラ鳴かないキャラとか、必ずリーチするキャラ必ずダマテンなキャラとか、高め狙いのキャラとか安め狙いのキャラとかいるとさらに面白いね。

Crazy Mouth

ボクが始めたかった有料iPhoneアプリがこれ。iPhoneのデモにはこれ以上のものはないが、これ以上引かれるデモもない。

Flight Control

10分だけ時間をつぶさないといけない!なんてときにはこのゲーム。ワールドワイドで相当売れたらしい。

iPint

Crazy Mouth のデモでドン引きされたらiPintでフォローしよう。iPhoneでビールが飲めるというジョーク・アプリだけど、なぜか想像以上に受ける。ただし、アプリの配信が停止してしまった。まぁ、もうネタとして期限切れな感じもあったけどね。

Knots

指でツイスターをするというゲーム。オニャノコにiPhoneを一通りデモったら、最後はこのアプリで締めよう。要は「手相見られるから、ちょっと手を出して!」と目的は同じ。

Labyrinth Lite Edition

デモにはとても良いゲーム。盤(iPhone)を傾けて、ボールを穴に落とさないようにゴールまで導く、昔の旅館とかにあったあれ。iPhone持っていない人にやらせると、こっちが飽きるまでやっていることが多い。

Paper Toss

1分だけ時間をつぶさないといけない!なんてときにはこのゲーム。紙くずを投げてゴミ箱に入れるだけというこの上なくシンプルなゲームなんだけど、そのテンポの良さからハイスコアを更新しているときなんかはついやめられなくなってしまう。今、ワールドワイドで最も人気のあるゲームがこれ。

Tap Tap Revenge 2.6

i.softbank.jpの送受信を速くするためにインストールしているんだけど、うちの妻はこのゲーム自体にはまっててよく遊んでいる。

天気

ソースが気象庁ではなく The Weather Channel だからか、正直、日本の天気は全く当てにならない。米国出張のときとかは良いかもね。

ボイスメモ

ボイスメモはEvernoteで録ってしまうため、このアプリは使わない。

メモ

<

p>メモもEvernoteで取ってしまうため、このアプリは使わない。

7 thoughts on “使用中のiPhoneアプリ65本”

  1. MMSが”写真も送れるSMS”であることは同意だね~。
    長文送られるとチャット形式はむしろ読みにくいし、何より待ち受けに出てきちゃうのがむしろ困るw
    ちなみに、CCは+押せば宛先追加していけるよ。

    3GSにしたら、ニコ動のコメントはまともに見れるようになったよ!画質は相変わらずひどいけど・・・
    後は、滅茶苦茶重くて使う気にならなかったGoogle Earthが”暇なときに遊べるアプリ”になったw

  2. MMSが”写真も送れるSMS”であることは同意だね~。
    ちなみに、CCは+押せば宛先追加していけるよ。

    3GSにしたら、ニコ動のコメントはまともに見れるようになったよ!画質は相変わらずひどいけど・・・
    後は、滅茶苦茶重くて使う気にならなかったGoogle Earthが”暇なときに遊べるアプリ”になったw

  3. ホームボタンのダブルタップをiPodに設定しているならドックに入れなくてよいのでは?
    天気、ボイスメモ、メモと同様に最終ページに追いてます。

  4. >ともたけさん
    >ちなみに、CCは+押せば宛先追加していけるよ。

    あ、グループMMSってので全員返信できますね。SMSは1→多で送っても、受け取り側は1→1にしか見えない(よってそこに返信すると全員には届かない)という状況だった気がするんですが、MMSだと大丈夫なのかな? それとも iPhone OS 3.0 になったらできるようになったのかな?

    ってか、全員iPhoneユーザーでのグループMMSはまさにグループ・チャットで面白いですね!

    >tawさん
    >ホームボタンのダブルタップをiPodに設定しているならドックに入れなくてよいのでは?

    確かに! カレンダーと席替えしようかなー。

  5. 連絡先は、「MBアドレス帳」を使うのがいいかと思います。格好良すぎです。

    単にグループ管理したいだけであればGroupsも
    いいですが、iPhoneらしいかっこ良いカバーフローを多用していて、グループ管理も出来、専用同期サーバもあって、MBアドレス帳はおすすめです。

    このアプリから電話もかけられるので、電話アプリと連絡先アプリを後ろのページに追いやれますよ

  6. iPhoneを縦長にして電卓をお使いの方がほとんどかと思いますが,横長で使ってみて下さい。

    16桁表示の関数電卓になります。

    Touchcalcはいらないかも。

    とんでもない遅レスで申し訳ありませんでした。

コメントを残す