KALITA セラミックミル C-90 レビュー

お店でひいたコーヒーはどうも足が速くて苦手なもので、買おう買おうと思っていたコーヒー・ミルをついに購入した。KALITA セラミックミル C-90 である。

粉の大きさが均一にならない回転羽式(プロペラ式)は味の評判が悪いので、臼歯式に絞って検討し、KALITA セラミックミル C-90 か Melitta パーフェクトタッチ II CG-5B の2つで悩んでいたんだけど、会社の共有品としてCG-5Bを使っていて自宅でC-90を使っている岡田有花さん(ゆかたん)がC-90をボクの家に持ってきてくれて実演レビューしてくれときの味がとても良かったので、ボクもC-90を選ぶことにした。カット式の KALITA ナイスカットミル が良いのは分かるんだけど、置き場所がないので……。ゆかたんもナイスカットミルが欲しいと言ってたけど。

セラミックミル C-90 でひくと雑味が出ずに味と香りが深まり、へたな喫茶店で飲むよりおいしいコーヒーが自宅で入れられるようになる。構造は単純なので100杯程度では到底壊れそうもないので、1杯あたりで考えたらお得な買い物だろう。ただ、油分の少ない豆だとC-90からコーヒー・ドリッパーに移すときに静電気で本体と周りに粉が飛び散りまくるのがちょっと気になるかなー。ハケが一応付属しているけど、水洗いしない限りはきれいにならないし。最後の1粒が飛び跳ねてなかなかひかれないこともあるけど、本体が小さくてそれほど重くないので軽く振れば問題ない。

合わせてコーヒー・ドリッパーも、ゆかたんが自宅で使っている HARIO カフェオールドリッパー02 CFOD-02 に変更。ペーパーを使わずに、さわってもさらさらしているくらい目の細かいステンレス・メッシュでできているドリッパーで、コーヒー・オイルが抽出されるので味に深みが出る。ペーパーを使わないことでのメンテナンス性は一長一短で、掃除機の紙パック方式とサイクロン方式の違いに近いかも。ペーパー型だと入れた後にそのままポイ捨てすればすむけど、CFOD-02だと水を入れてすぐに生ゴミ受けにひっくり返す作業を何回かする必要がある。ただし、ペーパーを買いに行く手間やコーヒーを飲もうとしたら自宅にペーパーの在庫がない!なんてアクシデントが起こらない。

電気ケトルには T-fal ニューヴィテスプラス を持っていたんだけど、この勢いで Russell Hobbs Cafe Kettle 7110JP を購入。ステンレス製なので本体がかなり熱くなるけど、これは普通のヤカンも同じだと思えば気にならない。それよりもドリップしやすい注ぎ口と安定した取っ手の形状、そして何よりもデザインの美しさがいいね。

Cafe Kettle 7110JP に水をセットしてから、食品庫から豆を出して セラミックミル C-90 でひいて、カフェオールドリッパー02 CFOD-02 に移し替えて、粉だらけのC-90をハケでざっと清掃したくらいの時間で、7110JPが沸騰してから数分経っているので90度以下になっててちょうど良い感じ。こんなにおいしいならさっさと買っておけば良かったよ。

メーカー カリタ
製品 セラミックミル C-90
購入場所 Amazon.co.jp
購入日 2011-11-20
価格 7,454円
メーカー ハリオグラス
製品 カフェオールドリッパー02 CFOD-02
購入場所 Amazon.co.jp
購入日 2011-11-20
価格 1,344円
メーカー Spectrum Brands
製品 Russell Hobbs Cafe Kettle 7110JP
購入場所 A-PRICE
購入日 2011-11-20
価格 7,410円

2 thoughts on “KALITA セラミックミル C-90 レビュー”

  1. こないだコーヒー豆屋さんで「ペーパーフィルター使ってる奴はモグリ、缶コーヒーでも飲んでろ」みたいなこと言われたんだけど、メンテ考えると二の足を踏んでいて… で、実際洗うときの手間と味の違いはどんなもんですか?

  2. そのコーヒー豆屋さんが言っているのは、ネルとかサイフォンのことであって、ステンレス・メッシュではない気がするけど……。ちなみにバッハグループである宮本珈琲店はペーパー・ドリップなので、ペーパー・ドリップ = 素人というのはいかがなものかと。

    手間としては、ペーパー・ドリップだと廃棄にかかる時間が1秒で済むのが、ステンレス・メッシュだと5秒くらいになるってだけで、二の足を踏むほどの差じゃないよ。

    ドリッパー以外の条件をそろえて飲み比べたことがないから、ドリッパーだけでの味の違いはよく分からない。

コメントを残す