飛行機の車輪構造

ANA運行 Bombardier DHC-8 の胴体着陸から間髪入れずに天草エアラインでも車輪トラブルが発生。そんなわけで、上記サイトでの飛行機の車輪構造を学んでみよう。いやー、予想以上にいろんな方法があって面白い。機械ってすごいね。

しかし、世界第3位の航空機メーカーにも関わらず国内の知名度が低かったボンバルディアは、世界第2位にも関わらず国内の知名度が低かったシンドラーみたいな欠陥品の代名詞みたいになってしまった……。コミューター機から各社次々と撤退しちゃったんで、ほかの選択肢は世界第4位のブラジル・エンブラエルぐらいしかないわけだが。プロペラ機に限ったら伊仏のATRとかになっちゃうけど、イタフラの乗り物に乗るなら、車輪が出ないくらいで済むボンバルディアのほうがいいいと思う。

コメントを残す