なぜ整形は悪なのか

会社の同僚と昼食を食べているときにこんな会話があった。

○○くん「韓国人女性は美人が多くていいですねー」
△△さん「えー、でも、韓国人の美人ってみんな整形してるよー」
○○くん「いいことじゃないですかー。だって△△さんだって歯の矯正してたじゃないですか」

ここから「整形は是か否か」なんて言う面倒な議論を平日の昼間に続ける気力はボクを含めて同席者の誰一人いなく、その場は流れていったんだけど、これってけっこう面白い議題だと思う。

たとえば会社に入ると「化粧することは女性としてのマナー」なんてことが言われたりする。化粧をすることはいいとか悪いを越えて “義務” なのだ。“外見を良く見せようとする行為” 自体は肯定されている。「親からもらった体にメスを入れるなんて……」ってセリフもたまに聞くが、それを言ったら○○くんの言うとおり歯の矯正だって、正常な歯を間引いたりすることもざらで似たようなもんだ。

自分のボーダーを考えてみると、「一重を二重にする」くらいは気にならないが、「目尻の切開」ぐらいから拒否反応があり「あごを削る」とか「鼻を高くする」とかまで来るとだいぶ嫌悪感が出てくる。気軽か重大かが分かれ目なのだろうか? 「あごを削る」ぐらい本腰を入れて整形すると、外見への執着心とかが透けてきて醜く映るのだろうか? しかし「化粧やエステに本気な人」に対しては嫌悪感はない。

そんなときに Engadget: 言葉から連想して表情を変えるロボ、不気味の谷底に到達(グロ注意)を見て、あまりきの気持ち悪さに爆笑して気づいた。もしかしたら整形への拒否反応は “不気味の谷” なのかもしれない。

不気味の谷についてはWikipediaが詳しいが、「ロボットの人間との類似度」と「そのロボットに対する人間の好感度」は通常は比例するものの、“人間にきわめて近い” ロボットになったとたんに、好感度が谷底のように急落する現象だ。工業用ロボットに比べてASIMOなんかだと人間的特徴に目が行って親近感が生まれる一方、上記のKANSEIぐらい人間に近づくと、逆に非人間的特徴に目が行って「目の焦点が合ってなくて怖い……」とか気味の悪さを感じてしまう。死体が怖く感じるのも、あの「なにかが普通と違うオーラ」だろう。

マイケル・ジャクソンを思い出してみよう。(彼本人は整形していないと言っているが)彼の顔はどう考えても不自然であり、そこに「人間っぽいんだけどなんか違う」という不気味の谷を感じているのではないだろうか。化粧は「明らかに人工物であり、それが化粧だと見ているほうも認識している」から気味悪く感じないが、あごや鼻の整形は「なんか不自然……」というのが不気味の谷なのではないだろうか。つまり、整形という人外のものになっていく行為(人外のものになってまでの外見への執着心)に拒否反応があるのではないだろうか。

ちなみに、不気味の谷という概念が正しいかどうかの最大の懸念は「完全に人間と同じロボット」に対して好感度が再び戻るかどうかなんだけど(谷じゃなくて不気味の崖なんじゃないか?ってこと)、この辺はフィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(ブレードランナー)』の話になってきちゃって、あと5倍ぐらい書かないとまとまらないんでパス。とりあえず、手塚治虫『火の鳥』読み直して、ロビタを考えながら今日はおしまい。

5 thoughts on “なぜ整形は悪なのか”

  1. Engadgetの記事があまりにも怖すぎるとクレームが入ったので(グロ注意)の注記を入れました。踏む方は心してください。

  2. 整形をとりまく人の内面から考えてみると別の見方が出てくるかも。
    整形をした本人にとっては、整形をするくらいですから、そこが修正されればよいのにと長い間コンプレックスに感じていたことでしょう。手術で切ったり貼ったりしてそれを解消するのは、ある意味困難から逃げたというような、一種の罪悪感があるのではないでしょうか。生まれ変わって、心機一転新しい自分のはずが、それを意識すればするほど、その影の部分も強くなるのかもしれません。
    その一方で、周囲は整形話にはとても敏感です。あの人は本当は一重まぶただった、元は貧乳だった、ひどいしゃくれだったと、整形前後の写真をならべたウェブページは数知れず。今はちやほやされてるけど、なんだ自力じゃなくて整形のおかげじゃあないかと、見る方は自分を納得させてるのかもしれません。
    整形したけど、やっぱりダメだったというケースは、それほど妬みの対象にはならないでしょうが、やっぱり有名人に多い、整形してデビューというのを見ると、やっかみに混じって整形=ずるいという捉え方も出てくるのだと思います。

    「いやー、あなたは整形という裏技のおかげで、超ハッピー、実にすばらしい、やったもん勝ち、整形万歳」と言ってくれるのは、美容整形外科の関係者だけかも 😎

  3. 厚化粧が見苦しいのも、影の部分が強くなるからかもしれませんね。

    一方、韓国では明らかに整形が市民権を得ているのも興味深いです。日本人が「ずるい!」と思うところで、なぜ韓国人は「私も!」になったのか。日本でも髪を茶に染めるのは30年前は卑しかったのに、今では誰もが当たり前にしてますから、いつか日本でも整形が市民権を得るのでしょうか。

    全然関係ないですけど、この記事に整形の広告が入りまくってるのが笑えます。整形の広告を出す費用はサラ金についで高いとか。

  4. 整形ねー。わたし、ヒアルロン注射くらいならしてみたいけどなあ。鼻とかあごとか、さりげなく高くしたい。あれ、ちょっと化粧うまくなった?くらいのレベルで。
    でもまあ、いろいろいじってキレイになっても、遺伝子は変わらないわけで。いつか子どもが生まれて、昔の自分の嫌なとこと超そっくり!とか、まじめに脱力ですよ。。。

  5. ヒアルロン注射は、ちゃんとメンテナンスしないと「鈴木紗理奈、鼻崩壊事件」みたいになっちゃいますよ! いやー、あれは衝撃的だった。YouTubeとかに上がってないのかな。

コメントを残す