Tag Archives: postfix

RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

HTTPS / SMTP over SSL/TLS (SMTPS) / IMAP over SSL/TLS (IMAPS) / POP over SSL/TLS (POPS) を使用するには署名つきSSL証明書が必要だ。利用者が限られたサービスでは自己署名した、いわゆるオレオレ証明書でSSLを実現することも不可能ではないが、ボクは年間10.95ドル(1,115円)でRapidSSLを利用している。

RapidSSLはGeoTrustの最安ブランドで、GeoTrustはSymantec(旧VeriSign)グループのひとつである。メール一通だけの確認なので手軽な一方、信用度はそれほど高くはないが、どこが発行しているかどうかを気にしてSSL通信しているユーザーはほとんどいないので、EV証明書(Webブラウザーのアドレス・バーに所有者名が出るやつ)ほどはいらないのであれば、悪くない選択だろう。

RapidSSLのルート証明書は2010年10月10日以降 GeoTrust Global CA だが、それ以前と同様に Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にするクロス・ルート設定をすることもできる。携帯電話も最近の機種であればこの2つのどちらにも対応しているが、一部のAndroidがなにげに GeoTrust Global CA に対応していないので、Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にしたほうが良いだろう。会社から支給されている DOCOMO LG Optimus chat L-04C は Android 2.2.2 にも関わらず、CACertManで確認したところ GeoTrust Global CA には対応していなかった。Apple iPhoneApple: iOS 3.x: 信用できるルート証明書の一覧 によると、少なくとも iOS 3 からはどちらの証明書にも対応している。

Continue reading RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 に SMTP over SSL/TLS を設定

Oracle Linux 6.2 にメール・サーバーを構築する第3章。前回の記事で Postfix 2.6.6 にSMTP認証を設定したが、このままだとパスワードが平文のままインターネットを流れてしまうので、SMTP over SSL/TLS でMUAMTA間を暗号化しよう。なお、この暗号化はあくまでMUAとMTA間のみであり、MTAとMTA、MTAから受信者のMUA間では暗号化されないので、そういう用途ではS/MIMEなどを検討し、「SMTP認証用パスワードを暗号化する」くらいに考えておいたほうがよい。この記事では Oracle Linux 6.2 で設定する方法を記載するが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Scientific Linux でも同様だろう。

暗号化された通信を開始する方法は2通りあり、通常のEHLOコマンド後にSTARTTLSコマンドを実行して暗号化する方法と、TCP/465に接続すると同時に暗号化する方法があるが、今回は両方提供することにする。

Continue reading Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 に SMTP over SSL/TLS を設定

Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 にSMTP認証を設定

Oracle Linux 6.2 にメール・サーバーを構築する第2章。Postfix は Cyrus SASL を使うことでSMTP認証を実現している。Cyrus SASL はいろいろな認証方法をサポートしているが、CRAM-MD5などの暗号化された方法はテレビなどの家電や Outlook Express などの古いメーラーが対応していないことが多いので、平文パスワードを使用するPLAIN (LOGIN) 認証をまずは設定する。ただし、平文パスワードをインターネットでそのまま使用するのは危険なので、経路を暗号化する SMTP over SSL/TLS を合わせて使用することにする。この記事では Oracle Linux 6.2 でSMTP認証を設定する方法を記載するが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Scientific Linux でも同様だろう。SMTP over SSL/TLS の設定方法については別記事で扱う。

まずは Cyrus SASL をインストールしよう。PLAIN認証しか使用しないのであればcyrus-sasl-plainパッケージだけで良い。

Continue reading Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 にSMTP認証を設定

Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 でSMTPサーバーを構築

Oracle Linux 6.2 にメール・サーバーを構築する第1章。Oracle Linux 6.2 ではPostfixがデフォルトMTAとしてすでに起動しているが、ローカルホスト(自分自身)からとローカルホストへのメールしか中継しないように設定されているので、これをLANからとLANへのメールを中継できるように設定変更する。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Scientific Linux でも同様の方法で設定できるだろう。なお、すべてのクライアントからのメールを中継するようにも設定できるが、迷惑メール送信サーバーになってしまうので絶対にしてはいけない。

Postfixの中心となる設定ファイルは /etc/postfix/main.cf である。設定できる項目は非常に多いので、デフォルトから変更した部分と重要な部分だけを抜粋する。

ローカル配送用のユーザーはデフォルトのnobodyのままにしておこう。ここでrootやpostfixなどを設定してはいけない。

メール・サーバーのホスト名とドメイン名を設定する。なにも設定しなければhostnameコマンドで表示されるホスト名とドメイン名がデフォルトで使用される。

Continue reading Oracle Linux 6.2 の Postfix 2.6.6 でSMTPサーバーを構築

Oracle Linux 6.2 でメール・サーバーを構築

Oracle Linux 6.2 で送信にPostfix、受信にDovecotを使用したメール・サーバーを構築する。この構築するメール・サーバーの送信ではSMTP認証 (SMTP AUTH) / SMTP over SSL/TLS / ウイルス・スキャンに対応し、受信では IMAP over SSL/TLS / POP over SSL/TLS / ウイルス・スキャン / スパム・フィルターに対応したいと思う。

まずはメール・サーバー構築において必要な用語の整理から。MTAは Mail Transfer Agent の略で、ほかのメール・サーバーやMUAからメールを受け取り、配送先を決め、MDAに配送を依頼する。MDAは Mail Delivery Agent で、MTAの決めた配送先へメールを配送する。配送先はローカル・マシンの受信箱だったりほかのメール・サーバーだったりする。MUAは Mail User Agent の略で、Windows Live Mail や Apple Mail などのエンド・ユーザーが使うメーラーのことだ。MRAは Mail Retrieval Agent で、IMAPやPOPプロトコルを介してMUAにメールを提供する。

MTA, MDA, MUA, MRA の関係

Continue reading Oracle Linux 6.2 でメール・サーバーを構築