Tag Archives: yum

国内 Oracle Linux 6 サーバーのためのYum設定

DVDからインストールした直後の Oracle Linux のYumにはリポジトリの設定が何もされていないので、無償で使用できるリポジトリをいくつか追加していく。

まず、Errataなどを無償配布している Oracle Public Yum Server への設定ファイルをダウンロードする。

デフォルトでは Unbreakable Enterprise Kernel Release 2 が含まれるol6_UEK_latestリポジトリは無効になっているので、これを有効にする。

合わせてサード・パーティのリポジトリであるEPELRepoforge (RPMforge) を追加しておくと便利だろう。

Continue reading 国内 Oracle Linux 6 サーバーのためのYum設定

Oracle Linux 6.2 のYumサーバーを構築

Oracle Linux 6.2 のErrataを含めたすべてのバイナリとソースは Oracle Public Yum Server で無償公開されているが、CentOSScientific Linux で言うosディレクトリが存在しないため、このYumサーバーからvirt-installコマンドでXenなどの仮想マシンを作成できない。そこでosディレクトリの代わりとなるYumサーバーを構築しようと思う。以下は Scientific Linux (SL) 6.2 に構築しているが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様だろう。

まずは Oracle Linux 6.2 のISOメディアを入手する。入手方法は 複眼中心: Oracle Linux 6.2 をインストール を参照してほしい。このISOファイルをマウントし、ファイル内容をコピーする。あとでHTTPで公開するので、/var/www/html/os/ol62 をコピー先とした。setenforcerestoeconコマンドはSELinuxが有効な環境でのみ実行する必要がある。

Oracle Linux 6.2 のメディアにはboot.isoが含まれていないので、単にコピーしただけでは以下のようなエラーで作成できない。

Continue reading Oracle Linux 6.2 のYumサーバーを構築