2022年6月にシンガポールに出張してきました。コロナ禍でのシンガポール出張からの日本帰国は、何が一緒で何が違うのかのをまとめておきます。

日本入国に必要な書類

以下の情報は2022年6月時点での情報です。必要書類は随時変更されています。また、あなたの国籍や状況などによっては必要な書類が異なるかもしれません。あなたの書類に不備があっても、このブログは一切責任を負いません。必ず信用できる情報源を参照してください。

信用できる情報源

日本入国に必要な書類の参考情報

シンガポールから入国する場合、ワクチン接種証明書は不要です。

日本入国に必要な書類の事前確認

成田国際空港 / 羽田空港 / 中部国際空港 / 関西国際空港 / 福岡空港から入国する場合は、Fast Track という事前検疫手続きサービスが使用できます。搭乗便到着予定日時の6時間前までに申請すると、審査結果を通知してくれます。

私が用意した書類

  • Japan Green Clinic 発行の唾液 (Saliva) による核酸増幅検査 (PCR) での陰性証明書
  • Fast Track 経由での質問票

上記の通り日本政府フォーマットにこだわる必要がないので、どのクリニックでも大丈夫です。私は安心感から日系クリニックにしましたが、Raffles Medical Group なんかも店舗数が多くて便利だと思います。Nichii International Clinic などの一部のクリニックには、3から6時間で検査結果が出るメニューがあるので、万が一再検査になった場合はこちらに駆け込むと良いでしょう。15分で出るNEAR法に対応しているクリニックは見つけられませんでした。

私は Fast Track し忘れていることを帰りの機内の着陸3時間前に気づき、降機後に Fast Track の申請を行いました。そこから何時間も待たされることはないですが、同じことをやるなら事前にやっておいたほうが良いでしょう。

シンガポールの空港での手続きについて

新型コロナウイルス検査の陰性証明書の確認のみチェックイン時に行われます。陰性証明書は印刷しておきましょう。それ以外の書類の確認は日本入国時に行われます。陰性証明書の確認以外の手続きはコロナ禍前と同様です。

搭乗中

搭乗中はマスクの着用が必要です。7時間近くマスクをしていないといけないため、耳が痛くならないマスクが良いでしょう。

日本での空港での手続きについて

成田空港に到着すると、今回は日本に入国する人が優先的に降機しました。状況によって順番が異なるような雰囲気でした。

4月の羽田空港より手続きが簡素化しており、私の場合は Fast Track の申請から行っても、到着時刻から税関申告通過までは50分程度でした。特に、シンガポールからの入国の場合は到着空港での抗原検査がなくなったのが大きいです。

日本出国からシンガポール入国について

日本出国からシンガポール入国に必要な書類と手続きについては以下の記事を参照してください。

TwitterFacebook