Brother HL-L2365DW というA4モノクロレーザープリンターを使っていたのですが、最近、縦線や横線が印刷に入るようになり、ドラムユニットを清掃しても解消しませんでした。ドラムユニット交換しても良かったのですが、A4カラーレーザープリンターの Brother HL-L3230CDW が23,439円だったため、本体ごと買い替えることにしました。

Epson Colorio EP-805A というA4インクジェットプリンターも持っているのですが、日常的に使用していたのはモノクロレーザープリンターのほうでした。インクジェットプリンターは「使いたいときにはインクが詰まっている。インク詰まりが直った頃にはインク切れ」ということがありがちです。一方でレーザープリンターは、ほぼノーメンテナンスで動くところが優れたところです。また、インクジェットプリンターで普通紙に印刷すると、どうしてもにじみが気になりますが、レーザープリンターではまったくにじみません。ただし、写真を印刷する場合は、インクジェットプリンターでフォト用紙に印刷したほうが遙かにきれいです。そのため、私はレーザープリンターとインクジェットプリンターの2台を使い分けています。

HL-L3230CDWは、今までのHL-L2365DWとカタログ上の見た目は似ているのですが、いざ届いてみると一回り以上大きいです。また、なにより重量が異なり、6.8kgが18.1kgになりました。めったに動かすものではないとはいえ、設置には少し苦労します。しかし、18.1kgの機械が23,439円というのは、原価割れしているとしか思えません。100g当たり129円です。

購入に当たって比較した他のA4カラーレーザープリンターは、Canon Satera LBP621CRICOH P C200L です。

Brother HL-L3230CDWCanon LBP621CRICOH P C200L
サイズ (W x D x H)410mm x 461mm x 252mm430mm x 418mm x 287mm412mm x 395mm x 244m
重量18.1kg12.8kg16.1kg
方式電子写真方式LEDプリンター半導体レーザー + 乾式電子写真方式半導体レーザー + 乾式1成分電子写真方式
解像度600 x 2400dpi9600dpi相当600dpi x 2,400dpi相当
モノクロ片面プリント速度24枚/分18枚/分24枚/分
カラー片面プリント速度24枚/分18枚/分24枚/分
モノクロ両面プリント速度8ページ/分12.7ページ/分13ページ/分
カラー両面プリント速度8ページ/分12.7ページ/分13ページ/分
スリープからの復帰時間26秒以下2秒以下5.6秒
モノクロファーストプリント?10.4秒10.9秒
動作音47dB56dB53dB
トナー交換方式トップカバーフロントローディングフロントローディング
インターフェース100Mbps Ethernet, Wi-Fi 4, USB 2.01Gbps Ethernet, Wi-Fi 4, USB 2.01Gbps Ethernet, Wi-Fi 4, USB 2.0
Mac対応AirPrint, 独自ドライバーAirPrint, 独自ドライバーAirPrint
スマートフォン対応AirPrint, Mopria, Brother iPrintAirPrint, Mopria, Canon PRINT BusinessAirPrint, Mopria
モノクロスタートアップトナー1,000枚910枚750枚
カラースタートアップトナー1,000枚680枚500枚
本体参考価格23,000円25,000円20,000円
モノクロランニングコスト(税込)3.4円/枚3.74円/枚3.85円/枚
カラーランニングコスト(税込)19.2円/枚19.8円/枚20.02円/枚
ブラック純正トナー参考価格9,000円 / 3,000枚8,000円 / 3,100枚9,000円 / 3,000枚
カラー純正トナー参考価格10,000円 / 2,300枚8,000円 / 2,300枚10,000円 / 2,500枚
互換トナーありあり?
純正ブラック用ドラムユニット参考価格4,000円一体型一体型

現行のHL-L2365DWの場所が幅435mmしかなかったので、Canon Satera LBP621C はぎりぎりすぎると判断し、この時点で Brother HL-L3230CDW と RICOH P C200L に候補を絞りました。Brother HL-L3230CDW は奥行きが長いですが、私の設置場所では奥行きは問題になりませんでした。ただ、上部のスペースが確保できていない設置場所のため、たまにしかないとは言え、Brother HL-L3230CDW のトナー交換方法がトップカバーを大きく開くタイプなのは気になります。紙詰まりしたときとかにも、本体を移動する必要がありそうです。

便宜上、レーザープリンターと呼んできましたが、正確には Brother HL-L3230CDW はLEDプリンターになります。LEDのメリットは、LED派の沖データによる JB PRESS:「ビジネスにはレーザー」は本当に正しい?“世界の先駆者” となったOKIデータに聞く LEDプリンタこそビジネスに最適な理由とは に載っています。ただ、LEDの Brother HL-L3230CDW よりもレーザーの RICOH P C200L のほうが小さいですし、速度も変わりません。方式の違いはあまり気にしなくても良さそうです。

私の場合、1回のプリントでたくさんの枚数を印刷しないので、プリント速度よりもファーストプリント優先ですが、Brother HL-L3230CDW はファーストプリント速度が不明なのが気になります。スリープからの復帰時間が他製品より遅すぎるので、この時間にファーストプリントを含んでいるのかもしれませんが、いずれにせよ遅いです。ただ、数十秒を争う機会は多くはありません。

ここまでだと RICOH P C200L が良いのですが、問題なのは市場に在庫がまったくないことです。また、2021年11月15日発売の新製品ため、互換トナーがまったく流通していません。互換トナーは純正トナーのリサイクル品のため、使用済み純正トナーの回収が進まないと互換トナーが作れません。Canon Satera LBP621C と Brother HL-L3230CDW はすでに多くの店から互換トナーが販売されていますが、もともと互換トナー市場が大きくないRICOHで、さらに新製品というは、互換トナーの観点ではリスクがあります。カラーレーザープリンターだとトナーを4つ交換しないといけないため、1セットのトナー交換が4万円近くします。カラーマッチングを気にするようなものを私はレーザープリンターで印刷しません。となると、インクジェットプリンターには純正インクしか使わない私も、カラーレーザープリンターについは互換トナーの選択肢を持っておきたいです。互換トナーであれば、品質にも寄りますが、4色セットで6,000円程度です。

というわけで、Brother HL-L3230CDW を購入しました。そもそも、そんなに印刷する機会があるのかという話もありますが、紙で印刷して郵送しなければいけない書類がたまにあったりしたときに、出不精の私としては、印刷のためだけにコンビニに行くのは面倒なのです。1枚印刷したいだけなのに、不慣れな人がコピー機を長時間占領していて、ずっと待たされたりしますし。また、小学生の娘は紙で勉強する機会がまだまだ多く、それに関連して印刷する機会が今は一番多いです。

A4カラーレーザープリンター
¥22,973 (2022/08/05 09:42時点 | Amazon調べ)
ブランドBrother
製品名HL-L3230CDW
販売店Amazon
支払金額23,439円。送料無料(- 1%ポイント還元)
購入日2022年3月10日
TwitterFacebook