yamagiwa aureola

60年代建築を思わせる yamagiwa aureola を格安で入手した。美しすぎ。

yamagiwa aureola

aureolaとは後光のことで、メタルのスリットから漏れる明かりが床に後光のように広がるため、できるだけ低い位置にこのライトは置きたい。一方、そのデザインからライト自体は見下ろすのではなく横から見たい。そんなわけで、このライトは自分の位置からやや遠いところの床に置くのが良いだろう。

リビングをライトダウンしたときに連なるダイニングが真っ暗なのが気になっていたので、リビングのソファからダイニングをほのかに照らすにはこのaureolaは最適だった。下から照らすことでモンステラの特徴ある形状も映えるしね。このaureolaを加えることで、我が家のリビング・ダイニングは4灯で照らされるようになって明暗のグラデーションのバランスが目指すところになった。うーん、快適快適。

aureolaには60Wのハロゲン・ランプが入っていてけっこう明るいので、我が家では Lutron Credenza TT-150NLH-JA をつけて4分の1ぐらいに調光して使用している。なお、4分の1に調光した状態でも1秒触れないほど高熱に本体がなるため、小さい子供がいる家では設置に注意しよう。

コメントを残す