iPhone 4 1stレビュー

Apple iPhone 4iPhone 3G を2008年7月に買ってから3GSに浮気することなく約2年、ついに iPhone 4 32GB Black に機種変更する機会がやってきた。6月15日の予約開始日に「どうせ SoftBank Online Shop は一瞬で落ちる」「一括で買っても家電量販店のポイントが付かないのであれば、ソフトバンク直営ソフトバンクショップまたは Apple Store」ということで、会社から最も近いソフトバンク表参道に3時間ほど並び、無事に6月24日の発売日に機種変更できた。

使い始めてまだ数日なので詳しいレビューはまたにして、ハードウェア視点で今のところ気づいた点を簡単に。

  • 3Gに比べたら別次元で速い。友人の3GSと比べても2、3割は速い。起動が遅くて使いものにならなかったEvernoteが3秒くらいで立ち上がって感涙。しかもマルチタスキングでプロセスがバックグラウンドにあるときはワイプイン・エフェクトの1秒だけで画面が切り替わるし
  • Retinaディスプレイは本当に印刷クオリティで、まるで液晶のガラスの下に印刷を入れたモックアップのように見える。横1000pxでデザインされているWebが縦画面表示でも全ての文字がそのまま読め、産経新聞も1タップ拡大だけで難なく読める
  • カメラも3Gに比べたらだいぶましになった。ただ、かなり無理してノイズリダクションと彩度アップを行っているので、iPhone上で見ると「おぉきれい」と思うけど、ちゃんとしたディスプレイで見るとかなりウソくさく、ケータイとしては合格点だけどコンデジ未満であることは確か
  • FaceTimeは相手がいないので試していない……
  • ノイズ・キャンセリングもまだ試せる環境で会話したことがない
  • 外装はアルミとガラスの固まりになったので、非常に高級感がある
  • 一方で、表面と裏面が同じ形なので、ポケットから出すときに触っただけだと表裏が分からない
  • 3G/3GSは裏面がカーブしていたので、裏面を下に机に置いているときにつかみやすかったけど、4はちょっとつかみにくい
  • 側面のエッジがたっているので、長く使っていると手のひらがちょっと痛い
  • 3G + iPhone OS 3 のときは、地下鉄駅に着いてもなかなか圏外から復帰せず、復帰したときには電車が発進しておりすぐ圏外という状況が多かったが、iPhone 4 + iOS 4 では、電車が止まる前には確実に圏外から復帰している

とりあえず iPhone 3G ユーザーは iOS 4 にアップグレードしたところでデバイスの限界を感じているだろうし、アップグレードすることで全く違う体験ができるだろう。iPhone 3GS ユーザーはOSの機能としてはFaceTimeぐらいしか差がないので、まだまだ月月割も残っていることだし、無理してアップグレードすることもない気がする。

oem xp software oem software authenticity cheap replica.com

コメントを残す