Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2.0 をインストール

Mac OS X Lion (10.7) でネットワーク・ボリュームを Time Machine として使うには AFP 3.3 が必須なため、先日 Netatalk 2.2-beta4 をインストールしたが、早速、安定版の2.2.0がリリースされたので、Scientific Linux (SL) 5.6 にこれをインストールした。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様の方法でインストールできるだろう。分かりやすくするため、この記事はアップグレードではなく、新規インストールの方法を書いている。

まず、ビルドに必要なパッケージをインストールしておく。

ここからは Netatalk 2.2 Manual: Chapter 2. Installation に従ってインストールを進めていく。また、Unofficial Netatalk Info: Netatalk and Samba も参考にした。

Netatalk 2.2.0 には Oracle Berkeley DB 4.6 以上(5でもOK)が必要だが、Scientific Linux 5.6 には4.3.29までしかないので、まずはこれをソースからビルドするため、Oracle Berkeley DB Downloads から Berkeley DB 11gR2 (11.2.5.2.28) (Berkeley DB 5.2.28.tar.gz) をダウンロードして展開する。

Berkeley DB をビルドする。時間は少しかかるが、気にする点はあまりない。--with-uniquenameをつけておくと、インストール済みの異なるバージョンの Berkeley DB のライブラリと名前がかぶらなくなる。

Berkeley DB 以外は必須ではないが、以下のものをインストールした。Lionではデフォルト認証方式がDHX2になっているので、libgcrypt-develは忘れずにインストールしよう。なお、ボクはLinuxのユーザーをLDAP認証にしているので、NetatalkもPAM経由でLDAP認証させるため、pam-develもインストールしている。

SourceForge: netatalk: 2.2 からnetatalk-2.2.0.tar.gzをダウンロードして展開する。

Netatalkをビルドする。Scientific Linux にインストールするので--enable-redhat、クオータに対応するために--enable-quota、Bonjourに対応するために--enable-zeroconf、Berkeley DB のインストール先が標準とは違うので--with-bdb、PAMを使用できるように--with-pam、ACLを使用できるように--with-aclsをつけた。

OS起動時にNetatalkとBonjour対応に必要なavahi-daemonが自動起動するようにし、まずは手動で起動する。

TCP548ポートをafpdプロセスがリスンしているか確認する。

avahi-daemonが正しく動いていれば、Lionのメニュー「移動 > ネットワーク」に、しばらくすると今回インストールしたLinuxマシンが自動的にLCDディスプレイ・アイコンで表示される。

表示されない場合は、AFPサーバーとしては正しく動作しているか「移動 > サーバへ接続…」から確認してみよう。接続できればNetatalkの設定には問題ないはずだ。

Lionから接続するのであれば、Netatalkの設定はデフォルトでも特に問題なく動作するはずだが、必要あれば Unofficial Netatalk Info: Netatalk and Samba が参考になるだろう。ボクはアイコン「移動 > ネットワーク」で表示されるアイコンを(今は亡き)Xserveのアイコンに変更した。

[text title=”/usr/local/etc/netatalk/afpd.conf” firstline=”302″ highlight=”304″]# default:

– -tcp -noddp -uamlist uams_dhx.so,uams_dhx2.so -nosavepassword

  • -tcp -noddp -uamlist uams_dhx.so,uams_dhx2.so -nosavepassword -mimicmodel Xserve[/text]

3 thoughts on “Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2.0 をインストール”

  1. CUPSは印刷のためのものなので、AppleTalk(DDP)を有効にしてpapdを使わない限り、関係ないですよ。

    1. CUPSはPAPのためだけで、AFPでは使えないのですね。ありがとうございます。記事からCUPSに言及している部分を削除しました。

コメントを残す