国内 Oracle Linux 6 サーバーのためのYum設定

DVDからインストールした直後の Oracle Linux のYumにはリポジトリの設定が何もされていないので、無償で使用できるリポジトリをいくつか追加していく。

まず、Errataなどを無償配布している Oracle Public Yum Server への設定ファイルをダウンロードする。

デフォルトでは Unbreakable Enterprise Kernel Release 2 が含まれるol6_UEK_latestリポジトリは無効になっているので、これを有効にする。

合わせてサード・パーティのリポジトリであるEPELRepoforge (RPMforge) を追加しておくと便利だろう。

EPELは Fedora Project が管理しており、Fedoraと Red Hat Enterprise Linux の差分が公開されている。epel-releaseのバージョンは適宜更新されているので、EPEL: How can I use these extra packages? のリンクを確認してほしい。

EPELのmirrorlistファイルは自動的に最適なミラー・サーバーだけをリストしてくれるので、Yumの設定ファイルを編集しなくても国内のミラー・サーバーに接続してくれる。

Repoforgeも Red Hat Enterprise Linux に存在しないパッケージを独自に提供している。rpmforge-releaseのバージョンは適宜更新されているので、Repoforge: User Guide のリンクを確認してほしい。

Repoforgeの国内ミラーはIIJ理化学研究所にあるので、これを追加する。

yum-plugin-fastestmirrorを入れると、先ほど設定したミラー・サイトの中で最速のものを探して今後はそれを使うようになるので、結果的に海外のものより国内のものが優先して使用されることになる。

このままでは純正のol6_latestリポジトリよりもepelやrpmforgeのほうに新しいバージョンがあった場合、epelやrpmforgeのものがインストールされてしまうので、使用するリポジトリの優先度を決められるyum-plugin-prioritiesをインストールする。

yum-plugin-prioritiesのためにリポジトリの優先度を指定する。epelとrpmforgeはどちらを優先するかは好みだが、以下ではepelを優先している。

パッケージを自動更新したい場合はyum-cronをインストールする。これにより自動更新が /etc/cron.daily/0yum.cron から行なわれる。

コメントを残す