Tag Archives: hardware

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 | JavaOne Tokyo 2012 お申込み受付開始

Oracle OpenWorld Tokyo 2012JavaOne Tokyo 2012 のお申込み受付が始まりました。Oracle OpenWorld Tokyo 2012 は4月4日から6日まで、JavaOne Tokyo 2012 は4月4日から5日まで、それぞれ六本木ヒルズなどで開催されます。参加費は Oracle OpenWorld Tokyo 2012 が無料で、JavaOne Tokyo 2012 が5,250円です。

以下のバナーからお申込みいただき、招待コードに「2715」を入力していただくと、Oracle OpenWorld Tokyo 2012 では Leaders Club メンバーとして招待者限定セッションに参加できるようになります。JavaOne Tokyo 2012 では招待コードを入れるメリットは参加者の皆さまには特にないのですが……、私がほんの少し上司にほめられるかもしれません。

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

JavaOne Tokyo 2012

Panasonic UJ-260 内蔵BDXLスリム・ドライブ購入

内蔵BDXLスリム・ドライブ、Panasonic UJ-260 を購入した。UJ-260は、1層/2層BD-R (BD-R SL/DL) 書込みに加えて4層BD-R BDXL (BD-R BDXL QL) 書込みにまで対応したスリム・ドライブだ。3層BD-R BDXL (BD-R BDXL TL) のメディアが1枚3,000円以上するどころか、4層BD-R BDXL にいたってはメディアが存在しないという時期尚早感はあるけど、BD-R BDXL メディアはBDXLドライブでないと読むことすらできないので、長く使うつもりならBDXLドライブにしておくのも悪くないだろう。

さて、そんなUJ-260をボクは Owltech Slim Drive Case for SATA OWL-ESODSAT(B) に入れて外付けドライブと使用することにした。というのも、ボクの Apple MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)テクノハウス東映 SlimBay9.5SA-HDD.SA を使ってSuperDriveをHDDにすでに換装してしまっているのでUJ-260を内蔵することができないのだが、外付けBDXLスリム・ドライブは13,000円以上するので、付属ソフトウェアがいらないのであればUJ-260とOWL-ESODSAT(B)を買ったほうが安いというわけだ。個人的にはBuffaloI-O DATA などだとベアドライブの予想はできても確実ではないので、ベアドライブから組むほうが好きってのもある。

Continue reading Panasonic UJ-260 内蔵BDXLスリム・ドライブ購入

Western Digital WD Scorpio Blue WD10JPVT レビュー

2.5インチ9.5mm厚でついに1TBの大台に乗った Western Digital WD Scorpio Blue WD10JPVT に Apple MacBook Pro (13-inch, Mid 2009) のHDDを換装したので、それのベンチマークを取ってみた。

ボクの MacBook Pro のメインのストレージは Crucial Real SSD C300 CTFDDAC128MAG (128GB SSD) なのだが、/Users だけを Western Digital WD Scorpio Blue WD5000BEVT (500GB HDD) に載せていた。通常では1台のストレージしか内蔵できない MacBook Pro だけど、テクノハウス東映 SlimBay9.5SA-HDD.SA とSuperDriveを換装することで2台のストレージを内蔵することができる。

ディスクユーティリティ

Continue reading Western Digital WD Scorpio Blue WD10JPVT レビュー

Linuxでストレージ・ベンチマーク

コンピューターを運用していると「なんだか遅い。以前からこの程度だっけ?」という疑問はしばしばあるが、元の正しい値を知らないと比較しようがないため、アイドル時にマシンの基礎性能を計っておくことは非常に重要である。特に(HDDもSSDも)ストレージは「動いているんだけど、なんだか遅い」という状況が少なくないので必ず取得しよう。

Linuxでストレージ性能ベンチマークを取るにはhdparmBonnie++などが有名だが、これらはどんな設定でIOしているのかがよく分からず、また結果もスループットだけだったりして細かな評価ができないため、今回はfioを使用する。以下は Scientifc Linux (SL) 5.5 での方法だが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様だろう。

まずはfioをインストールする。dagリポジトリを追加する方法は 複眼中心: 国内 Scientific Linux 5 サーバーのためのyum設定 を参考にしてほしい。

続いてfioをどのような設定で動作させるかを記述したジョブ・ファイルを用意する。fioのfはflexibleのfなだけあって非常に多彩な設定が可能だが、今回はシンプルな設定にとどめて多くの項目にデフォルト値を使用した。以下では /mnt/tmp 以下の1GBのファイルに対してダイレクトIOの1MBブロック・サイズでシーケンシャル・リードを行なうテストを5回実行している。なお、fioが自動生成したファイルはベンチマーク後に自動削除されないので、容量には注意すること。

Continue reading Linuxでストレージ・ベンチマーク

Linuxで BMC Watch Dog を使う

自宅サーバーに使用している Supermicro X7SPA-HF-D525BMC (Nuvoton WPCM450) という独立した小さなコンピューターのようなものを持っており、もしカーネル・パニックなどでOSがハングしたときに、BMCが自動的にマシンを再起動してくれる Watch Dog という機能がついている。BMCはOSの管轄外なので、OSがハングしてもBMCは問題なく動くことができる。

ではBMCはどうやってマシンがハングしていると判断するのだろうか。BMCは Watch Dog Timer というものを内蔵しており、それがカウントダウンしていってゼロになるとマシンを再起動する。なのでOSは Watch Dog Timer を定期的にリセットしてゼロにならないようにすれば再起動は掛からない。つまり「Watch Dog Timer をリセットできない」=「マシンがハングしている」というわけだ。

X7SPA-HF-D525の BMC Watch Dog Timer を有効にするには、BIOSの「Advanced > IPMI Configuration > BMC Watch Dog Timer Action」を Reset System などに変更し、BMC Watch Dog TimeOut でタイマーの時間を指定する。5 min とは5分間に1度でもタイマーをリセットすればよい一方、ハングしてから再起動が掛かるまで最大5分間のラグがあるということを意味する。X7SPA-HF-D525では5分、1分、30秒、10秒から選べるが、あまり短いとOSの負荷が高いためにタイマーをリセットできなかったときにも誤って再起動を掛けてしまう可能性が高くなるため、ラグが許容できる範囲で長いほうが安心だろう。なお、これを今すぐ設定しまうと、手動でタイマーを定期的にリセットする必要に迫られるので、実際には自動でタイマーをリセットできる環境を整えてから有効にしたほうが良いかもしれない。

Continue reading Linuxで BMC Watch Dog を使う