Tag Archives: network

Scientific Linux 6 をインストールして最初に行なう18の設定

ボクが Scientific Linux 6 を使う始めるときに、必ず設定やインストールしている項目をここでまとめておく。これらの設定は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様に使用できるだろう。

rootユーザーのメールアドレスの設定

Scientific Linux から管理者であるroot宛に様々なメールが届くが、そのままではrootで当該マシンにログインしないと読めないので、いつも使っているメールアドレスに届くように変更する。ボクの場合、rewse.jpのメールアドレスをメインに使っているけど、そのメール・サーバーに障害が起きたときにそれを通知するメールが受け取れないので、Gmailのアドレスを設定している。

/etc/aliasesを編集しただけでは設定は有効にならないので、忘れずにnewaliasesを実行する。

ボクの自宅サーバーで使っている固定IPアドレスは逆引き設定できず、逆引きすると契約ISPのドメインが戻ってしまうため、Gmailに直接メール送信すると The IP you’re using to send mail is not authorized to 550-5.7.1 send email directly to our servers. で受信拒否されてしまう。対策方法は Gmail: The IP you’re using to send email is not authorized… に載っているとおりなので、契約ISPのSMTPサーバーに中継するように設定変更する。

Continue reading Scientific Linux 6 をインストールして最初に行なう18の設定

Scientific Linux 5 をインストールして最初に行なう16の設定

ボクが Scientific Linux 5 を使う始めるときに、必ず設定やインストールしている項目をここでまとめておく。これらの設定は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様に使用できるだろう。

rootユーザーのメールアドレスの設定

Scientific Linux から管理者であるroot宛に様々なメールが届くが、そのままではrootで当該マシンにログインしないと読めないので、いつも使っているメールアドレスに届くように変更する。ボクの場合、rewse.jpのメールアドレスをメインに使っているけど、そのメール・サーバーに障害が起きたときにそれを通知するメールが受け取れないので、Gmailのアドレスを設定している。

[text title=”/etc/aliases” firstline=”95″ highlight=”97″]# Person who should get root’s mail
#root: marc
root: example@gmail.com[/text]
Continue reading Scientific Linux 5 をインストールして最初に行なう16の設定

Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2.0 をインストール

Mac OS X Lion (10.7) でネットワーク・ボリュームを Time Machine として使うには AFP 3.3 が必須なため、先日 Netatalk 2.2-beta4 をインストールしたが、早速、安定版の2.2.0がリリースされたので、Scientific Linux (SL) 5.6 にこれをインストールした。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様の方法でインストールできるだろう。分かりやすくするため、この記事はアップグレードではなく、新規インストールの方法を書いている。

まず、ビルドに必要なパッケージをインストールしておく。

Continue reading Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2.0 をインストール

Mac OS X Lion 対応 Time Machine サーバー構築

Mac OS X Snow Leopard (10.6) まではNFS経由でリモート Time Machine を行っていたが、Mac OS X Lion (10.7) では「バックアップを完了できませんでした。ネットワーク・バックアップ・ディスクは、必要なAFP機能に対応していません。」というエラーで実行できなくなってしまった。そこで、AFP経由でリモート Time Machine を行うように変更した。

HAT blog: netatalk 近状 によると、AFPはAFPでも、Lionからは AFP 3.3 がどうやら必須になってしまったようなので、3.3に対応した Netatalk 2.2.0 でAFPサーバーをまずは構築する。方法は 複眼中心: Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2.0 をインストール を参考にしてほしい。

AFPサーバーが問題なく動いたら、Time Machine で使用するパーティションを作成する。Advanced Format Technology (AFT) を使用している場合は 複眼中心: Advanced Format Technology を使用したHDDをLinuxで正しくパーティション を参考にしてほしい。

作成したパーティションをフォーマットする。また、fsckが自動で実行されないようにし、予約ファイルシステム・ブロックを2%に変更した。

Continue reading Mac OS X Lion 対応 Time Machine サーバー構築

Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2-beta4 をインストール

Mac OS X Snow Leopard (10.6) まではNFS経由でリモート Time Machine を行っていたが、Mac OS X Lion (10.7) では「バックアップを完了できませんでした。ネットワーク・バックアップ・ディスクは、必要なAFP機能に対応していません。」というエラーで実行できなくなってしまった。HAT blog: netatalk 近状 によると、AFPはAFPでも、Lionからは AFP 3.3 がどうやら必須になってしまったようなので、3.3に対応した Netatalk 2.2-beta4 を Scientific Linux (SL) 5.6 にインストールした。Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様の方法でインストールできるだろう。

まず、ビルドに必要なパッケージをインストールしておく。

Continue reading Scientific Linux 5.6 に Netatalk 2.2-beta4 をインストール