Tag Archives: oracle

Oracle Linux 6.2 のYumサーバーを構築

Oracle Linux 6.2 のErrataを含めたすべてのバイナリとソースは Oracle Public Yum Server で無償公開されているが、CentOSScientific Linux で言うosディレクトリが存在しないため、このYumサーバーからvirt-installコマンドでXenなどの仮想マシンを作成できない。そこでosディレクトリの代わりとなるYumサーバーを構築しようと思う。以下は Scientific Linux (SL) 6.2 に構築しているが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様だろう。

まずは Oracle Linux 6.2 のISOメディアを入手する。入手方法は 複眼中心: Oracle Linux 6.2 をインストール を参照してほしい。このISOファイルをマウントし、ファイル内容をコピーする。あとでHTTPで公開するので、/var/www/html/os/ol62 をコピー先とした。setenforcerestoeconコマンドはSELinuxが有効な環境でのみ実行する必要がある。

Oracle Linux 6.2 のメディアにはboot.isoが含まれていないので、単にコピーしただけでは以下のようなエラーで作成できない。

Continue reading Oracle Linux 6.2 のYumサーバーを構築

Oracle Linux 6.2 をインストール

Oracle Linux が3月22日からバグ修正やセキュリティ・アップデートなどのErrataを含めたすべてのバイナリとソースを無償で提供するようになった。それまではマイナー・アップデートごとのISOメディアやYumでのRPM提供を無償で行っていたものの、Errataは119ドル/年の Network Support 契約がないと提供していなかったが、今回の変更によってその他の Red Hat Enterprise Linux 互換ディストリビューションであるCentOSScientific Linux の代替として検討するにも十分となっただろう。Oracle Linux はCentOSや Scientific Linux より Red Hat Enterprise Linux への追随が速く、また Linux Kernel 3.0.16 に独自のチューニングや機能強化を行った Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) も無償で使用できるので、なかなか悪くない選択肢だと思う。

以下では Oracle Linux 6.2 のダウンロードから、Errataを無償で提供する Oracle Public Yum Server を使用できる状態にするまでを説明する。

ISOメディアは Oracle Software Delivery Cloud からダウンロードできる。

Continue reading Oracle Linux 6.2 をインストール

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 | JavaOne Tokyo 2012 お申込み受付開始

Oracle OpenWorld Tokyo 2012JavaOne Tokyo 2012 のお申込み受付が始まりました。Oracle OpenWorld Tokyo 2012 は4月4日から6日まで、JavaOne Tokyo 2012 は4月4日から5日まで、それぞれ六本木ヒルズなどで開催されます。参加費は Oracle OpenWorld Tokyo 2012 が無料で、JavaOne Tokyo 2012 が5,250円です。

以下のバナーからお申込みいただき、招待コードに「2715」を入力していただくと、Oracle OpenWorld Tokyo 2012 では Leaders Club メンバーとして招待者限定セッションに参加できるようになります。JavaOne Tokyo 2012 では招待コードを入れるメリットは参加者の皆さまには特にないのですが……、私がほんの少し上司にほめられるかもしれません。

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

JavaOne Tokyo 2012

CentOS 4.4 に Postfix 2.2.10 をインストール

CentOS 4.4 で メール・サーバーを構築する第二章。まず、Postfixの基本的な設定を行い、LANからのメールとLANへのメールを通常のSMTPで中継できるようにする。

まずはPostfixをyumからインストールしよう。

Continue reading CentOS 4.4 に Postfix 2.2.10 をインストール