Tag Archives: server

CentOS 7.1 で OpenLDAP 2.4.39 をインストール

ボクの環境では複数の仮想マシンが動いており、さらにOS / Postfix / Devecot / Samba / Apache HTTP Server などがそれぞれ別々にパスワード管理していると面倒なので、LDAPで一元管理している。以下は OpenLDAP 2.4.39 を CentOS 7.1 にインストールする方法だが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / Oracle Linux (OL) / Scientific Linux (SL) でも同様だろう。

まずはバイナリのインストール。OpenLDAP 2.4 からは自身の設定ファイルもLDAPデータベースで管理されており、設定を修正するたびにLDIFを書いてldapmodifyして……というのが非常に面倒なので、viでファイルを編集する感覚で使えるldapviというコマンドがEPELにあるので、合わせてインストールしておく。

Continue reading CentOS 7.1 で OpenLDAP 2.4.39 をインストール

RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

HTTPS / SMTP over SSL/TLS (SMTPS) / IMAP over SSL/TLS (IMAPS) / POP over SSL/TLS (POPS) を使用するには署名つきSSL証明書が必要だ。利用者が限られたサービスでは自己署名した、いわゆるオレオレ証明書でSSLを実現することも不可能ではないが、ボクは年間10.95ドル(1,115円)でRapidSSLを利用している。

RapidSSLはGeoTrustの最安ブランドで、GeoTrustはSymantec(旧VeriSign)グループのひとつである。メール一通だけの確認なので手軽な一方、信用度はそれほど高くはないが、どこが発行しているかどうかを気にしてSSL通信しているユーザーはほとんどいないので、EV証明書(Webブラウザーのアドレス・バーに所有者名が出るやつ)ほどはいらないのであれば、悪くない選択だろう。

RapidSSLのルート証明書は2010年10月10日以降 GeoTrust Global CA だが、それ以前と同様に Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にするクロス・ルート設定をすることもできる。携帯電話も最近の機種であればこの2つのどちらにも対応しているが、一部のAndroidがなにげに GeoTrust Global CA に対応していないので、Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にしたほうが良いだろう。会社から支給されている DOCOMO LG Optimus chat L-04C は Android 2.2.2 にも関わらず、CACertManで確認したところ GeoTrust Global CA には対応していなかった。Apple iPhoneApple: iOS 3.x: 信用できるルート証明書の一覧 によると、少なくとも iOS 3 からはどちらの証明書にも対応している。

Continue reading RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

ブログの更新を再開します

長女 1歳6カ月我が娘はとにかく寝ない子だったもので、ブログを更新する時間的余裕がまったくない状況でしたが、そんな娘も1歳半になって4月から保育園に通うになってからは、21時台には寝てくれるようになり、今では歩いてしゃべるどころか、走って歌うくらいには成長しました。というわけでブログの更新を再開したいと思います。

まずは古くさくなっていたWordPressのテンプレートを Twenty Fourteen ベースにフルリニューアルしました。ほとんどオリジナルのままじゃねーか!というツッコミもありそうですが、ついにWordPressのデフォルト・テーマがそこまでの品質になったということで。一応、Jetpack for WordPress との相性が悪いところは手動で調整したりして、地味なところに細かく手を入れてますし……!

また、今まではプラグインなどをカスタマイズしてしまうとそのプラグインをアップデートするときに大変だったので、WordPressのコードはすべてGitで管理するようにしました。おかげで開発環境を別に持ち、そこからpullして本番環境を作ることができるようにもなりました。WordPressのソースコードはGitHubにクローンされているので、それをフォークしたこのブログで使っているカスタマイズ版をGitHubで公開しています。

そして Twenty Fourteen の使用により、レスポンシブ・デザインとなりました。さらに、WP Retina 2x プラグインにより、HiDPIにも対応しています。

カテゴリーやタグ、概要、一部のCSSで見苦しいところが残っているかとは思いますが、徐々に直していきますので、まずはこの辺で新デザインに移行したいと思います。

Oracle Linux 6.2 のDNSにMXレコードとSPF宣言を設定

Oracle Linux 6.2 にメール・サーバーを構築する最終章。ここまででメール・サーバーは構築できたので、これをDNSに登録して公開しよう。これによって@(アットマーク)以下がドメイン名だけのメールが指定のメール・サーバーに届くようになる。以下は Oracle Linux 6.2 で設定する方法だが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Scientific Linux でも同様だろう。

zuluというメール・サーバーがドメイン名宛てのメールを処理する設定は以下のとおり。10というのは優先度を表すが、今回はメール・サーバーが1台しかないので何を設定しても関係ない。

設定を再読込みすると、TTLが切れ次第、メールは新しいメール・サーバーに届くようになる。

Continue reading Oracle Linux 6.2 のDNSにMXレコードとSPF宣言を設定

Oracle Linux 6.2 に Dovecot 2.0.9 をインストール

Oracle Linux 6.2 にメール・サーバーを構築する第7章。MRAとしてDovecotをインストールし、IMAPとPOPでメールを受信できるようにしよう。また、合わせて IMAP over SSL/TLS (IMAPS) と POP over SSL/TLS (POPS) にも対応させる。以下は Oracle Linux 6.2 にインストールする方法だが、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Scientific Linux でも同様だろう。

Dovecotの設定は /etc/dovecot 内に記述する。ほとんどはデフォルトで動作するが、メールボックスには1通1ファイルで保存されるMaildir形式を使用することを明示した。

Continue reading Oracle Linux 6.2 に Dovecot 2.0.9 をインストール