Tag Archives: trouble

How to Install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH

I’ve confirmed this problem was fixed with CentOS 7.1 + BIOS Update 0048.

I tried to install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH which I bought to introduce the new OS, but the machine was hung up just after boot with “[0.000000] tsc : Fast TSC calibration failed” error. That was reported in CentOS Forums: CentOS 7.0 on Intel NUC, but no solution there. I looked for one using a holiday and figured it out.

You might think this is a TSC (TimeStamp Counter) problem due to the above error message. But removing “quiet”, you see the machine is hung up after “Loaded X.509 cert ‘CentOS Linux Driver update signing key”. I guess it seems to be a kernel problem because “Loaded X.509 cert ‘CentOS Linux kernel signing key” follows this message.

Anyway, the below is a step-by-step for my machine. Take care various traps.

Continue reading How to Install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH

Intel NUC DN2820FYKH に CentOS 7 をインストールする方法

この問題は CentOS 7.1 + BIOS Update 0048 では解消されていることを確認した。

CentOS 7 を導入するために購入した Intel NUC DN2820FYKH に早速インストールを試みたが、起動プロセスに入った直後に [0.000000] tsc : Fast TSC calibration failed というエラーでフリーズしてしまった。

検索すれば解決策がすぐに見つかるだろうと当初は思っていてがなかなか見つからない。とは言え、CentOS公式フォーラムの CentOS 7.0 on Intel NUC にまったく同じ問題で困っている人たちが集まっていたので、いずれ解決するだろうと対応策が出てくるのを他人任せに待っていたが、だんだん書込みも止まってきてしまった。また、Twitterの私の日本語のつぶやきに対してスコットランドから問い合わせがあるくらい多くの人が困っているようなので、休日1日使って調査し、ついに解決策を見つけた。なお、この問題は Oracle Linux 7 でも発生するが、同様の解決策が適用できる。

Continue reading Intel NUC DN2820FYKH に CentOS 7 をインストールする方法

Scientific Linux 6 をインストールして最初に行なう18の設定

ボクが Scientific Linux 6 を使う始めるときに、必ず設定やインストールしている項目をここでまとめておく。これらの設定は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) / CentOS / Oracle Linux でも同様に使用できるだろう。

rootユーザーのメールアドレスの設定

Scientific Linux から管理者であるroot宛に様々なメールが届くが、そのままではrootで当該マシンにログインしないと読めないので、いつも使っているメールアドレスに届くように変更する。ボクの場合、rewse.jpのメールアドレスをメインに使っているけど、そのメール・サーバーに障害が起きたときにそれを通知するメールが受け取れないので、Gmailのアドレスを設定している。

/etc/aliasesを編集しただけでは設定は有効にならないので、忘れずにnewaliasesを実行する。

ボクの自宅サーバーで使っている固定IPアドレスは逆引き設定できず、逆引きすると契約ISPのドメインが戻ってしまうため、Gmailに直接メール送信すると The IP you’re using to send mail is not authorized to 550-5.7.1 send email directly to our servers. で受信拒否されてしまう。対策方法は Gmail: The IP you’re using to send email is not authorized… に載っているとおりなので、契約ISPのSMTPサーバーに中継するように設定変更する。

Continue reading Scientific Linux 6 をインストールして最初に行なう18の設定

WordPressチューニング: WP Super Cache 導入

前回の記事APC (Alternative PHP Cache) を導入したものの、パフォーマンス・チューニングの目標値にまだ達していないので、WP Super Cache も導入する。

WordPressのページ・キャッシュには WP Super Cache のほかにも W3 Total Cache も有名だが、ゆっくりと…: WordPressキャッシュ系プラグインの比較とサイトに適した選び方 によるとボクのサイトには WP Super Cache のほうが良さそうだし、いろいろなキャッシュを同時に使うと古いデータがどこでキャッシュされているのかなどのデバッグが難しいので、まずはシンプルな WP Super Cache を試し、それでも目標に達せない場合 W3 Total Cache を検討することにした。

ページ・キャッシュを導入するに当たって気になるのは、左ペインにある「最近の人気記事」が正しくカウントされるかどうかだ。キャッシュから読み込むことで「最近の人気記事」のランキングがリアルタイムに更新されないことは気にならないが、キャッシュから読み込んだ場合にはカウントされないとなると、このウィジェットの意味をなさない。ありがいたいことに、ボクの使っている WordPress Populars Posts のChangelogの2.0.0に、Ajaxを使用することで WP Super Cache などのページ・キャッシュに対応したと書いてあるので問題なさそうだ。

Continue reading WordPressチューニング: WP Super Cache 導入

Panasonic UJ-260 内蔵BDXLスリム・ドライブ購入

内蔵BDXLスリム・ドライブ、Panasonic UJ-260 を購入した。UJ-260は、1層/2層BD-R (BD-R SL/DL) 書込みに加えて4層BD-R BDXL (BD-R BDXL QL) 書込みにまで対応したスリム・ドライブだ。3層BD-R BDXL (BD-R BDXL TL) のメディアが1枚3,000円以上するどころか、4層BD-R BDXL にいたってはメディアが存在しないという時期尚早感はあるけど、BD-R BDXL メディアはBDXLドライブでないと読むことすらできないので、長く使うつもりならBDXLドライブにしておくのも悪くないだろう。

さて、そんなUJ-260をボクは Owltech Slim Drive Case for SATA OWL-ESODSAT(B) に入れて外付けドライブと使用することにした。というのも、ボクの Apple MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)テクノハウス東映 SlimBay9.5SA-HDD.SA を使ってSuperDriveをHDDにすでに換装してしまっているのでUJ-260を内蔵することができないのだが、外付けBDXLスリム・ドライブは13,000円以上するので、付属ソフトウェアがいらないのであればUJ-260とOWL-ESODSAT(B)を買ったほうが安いというわけだ。個人的にはBuffaloI-O DATA などだとベアドライブの予想はできても確実ではないので、ベアドライブから組むほうが好きってのもある。

Continue reading Panasonic UJ-260 内蔵BDXLスリム・ドライブ購入