How to Install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH

I’ve confirmed this problem was fixed with CentOS 7.1 + BIOS Update 0048.

I tried to install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH which I bought to introduce the new OS, but the machine was hung up just after boot with “[0.000000] tsc : Fast TSC calibration failed” error. That was reported in CentOS Forums: CentOS 7.0 on Intel NUC, but no solution there. I looked for one using a holiday and figured it out.

You might think this is a TSC (TimeStamp Counter) problem due to the above error message. But removing “quiet”, you see the machine is hung up after “Loaded X.509 cert ‘CentOS Linux Driver update signing key”. I guess it seems to be a kernel problem because “Loaded X.509 cert ‘CentOS Linux kernel signing key” follows this message.

Anyway, the below is a step-by-step for my machine. Take care various traps.

Continue reading How to Install CentOS 7 on Intel NUC DN2820FYKH

Intel NUC DN2820FYKH に CentOS 7 をインストールする方法

この問題は CentOS 7.1 + BIOS Update 0048 では解消されていることを確認した。

CentOS 7 を導入するために購入した Intel NUC DN2820FYKH に早速インストールを試みたが、起動プロセスに入った直後に [0.000000] tsc : Fast TSC calibration failed というエラーでフリーズしてしまった。

検索すれば解決策がすぐに見つかるだろうと当初は思っていてがなかなか見つからない。とは言え、CentOS公式フォーラムの CentOS 7.0 on Intel NUC にまったく同じ問題で困っている人たちが集まっていたので、いずれ解決するだろうと対応策が出てくるのを他人任せに待っていたが、だんだん書込みも止まってきてしまった。また、Twitterの私の日本語のつぶやきに対してスコットランドから問い合わせがあるくらい多くの人が困っているようなので、休日1日使って調査し、ついに解決策を見つけた。なお、この問題は Oracle Linux 7 でも発生するが、同様の解決策が適用できる。

Continue reading Intel NUC DN2820FYKH に CentOS 7 をインストールする方法

Intel NUC DN2820FYKH 購入

CentOS 7 がリリースされたのを機に、Intel NUC DN2820FYKH を購入した。自宅サーバーのメイン機は Supermicro X9SPV-F-3217UE という、自宅用にしてはしっかりした機種なのだが、SSH / DNS / LDAP のサブ機として運用している機種が Lenovo ThinkPad X60 という古いノートPCで、CPUが64-bit非対応の Intel Core Duo T2300 のために最新のLinuxはインストールできなくなってしまったので、DN2820FYKHにリプレースすることにした。

Intel NUC はIntel純正の超小型PCで、設置面積がCDケースよりもさらに小さい。いくつかの機種がラインナップされているが、DN2820FYKHは廉価な Intel Celeron N2820 (2-Core 2.4GHz) 搭載で、2.5インチ・ドライブをサポートし、筐体付きというモデルとなる。なお、Celeronのブランド名でも中身は第3世代AtomのSilvermontアーキテクチャである Bay Trail-M なので、TDPが7.5Wに抑えられている。

また、ほとんどの Intel NUC は小型化重視でmSATAしかついていないが、この機種にはSATA2とは言え、9.5mm対応SATAがついているので、ちょっとした延長ケーブルを使えば3.5インチのHDDをつなぐことも可能なため、24時間稼働が前提のメイン機ではできないディスク障害の切り分け試験などをこのサブ機でできることが魅力的だった。

さらに下位に、組込み向けの Bay Trail-I である Intel Atom E3815 (1-Core 1.46GHz) を搭載したDE3815TYKHEというモデルもあるが、CPUスペック差が大きい割りに価格差がほとんどなく、ファンレスを実現するために筐体体積が2倍近く大きいのでやめておいた。

Continue reading Intel NUC DN2820FYKH 購入

天ぷら 天青 のレビュー

外国人旅行者向けにYelpに書いた 天ぷら 天青 のレビューの日本語訳を書いておく。Yelpは1軒の店に対して1個の言語でしか書けないんだよねー。

このエリアで最もおすすめのランチで、外国人の同僚が来日したときは、必ずボクはここに連れいてく。

新鮮な魚介類(海老3尾と貝柱のかき揚げ)と3種の野菜(マイタケ、カボチャ、ベビーコーンなど)に甘くもなく辛くもないちょうどよいタレを加えることで、驚くべき天丼に仕上がっている。天青天丼は2種の魚(キスとアナゴなど)と1種の野菜が追加される。天ぷら定食も同様においしくて美しい。1時間以上時間があるならば、天ぷら定食をおすすめする。素材は旬によって異なる。

雰囲気は清潔感があり、静かでこぢんまりとしており、上品さがある。着物のスタッフも丁寧な接客だ。もしメイン・カウンターに座ったのならば、天ぷらを揚げるところをきっと楽しめるだろう。

ここは大きなお店ではない。8人席のメイン・カウンター、個室にある4人席のサブ・カウンター、別の個室にある4人席のテーブルしかないので、ディナーで行くならば予約をしたほうがよいだろう。

店名 天ぷら 天青
住所 東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山101
電話番号 03-5786-2228
営業時間 月-土 11:30-14:30 / 月-金 17:30-22:00 / 土 17:00-22:00

Continue reading 天ぷら 天青 のレビュー

RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

HTTPS / SMTP over SSL/TLS (SMTPS) / IMAP over SSL/TLS (IMAPS) / POP over SSL/TLS (POPS) を使用するには署名つきSSL証明書が必要だ。利用者が限られたサービスでは自己署名した、いわゆるオレオレ証明書でSSLを実現することも不可能ではないが、ボクは年間10.95ドル(1,115円)でRapidSSLを利用している。

RapidSSLはGeoTrustの最安ブランドで、GeoTrustはSymantec(旧VeriSign)グループのひとつである。メール一通だけの確認なので手軽な一方、信用度はそれほど高くはないが、どこが発行しているかどうかを気にしてSSL通信しているユーザーはほとんどいないので、EV証明書(Webブラウザーのアドレス・バーに所有者名が出るやつ)ほどはいらないのであれば、悪くない選択だろう。

RapidSSLのルート証明書は2010年10月10日以降 GeoTrust Global CA だが、それ以前と同様に Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にするクロス・ルート設定をすることもできる。携帯電話も最近の機種であればこの2つのどちらにも対応しているが、一部のAndroidがなにげに GeoTrust Global CA に対応していないので、Equifax Secure Certificate Authority をルート証明書にしたほうが良いだろう。会社から支給されている DOCOMO LG Optimus chat L-04C は Android 2.2.2 にも関わらず、CACertManで確認したところ GeoTrust Global CA には対応していなかった。Apple iPhoneApple: iOS 3.x: 信用できるルート証明書の一覧 によると、少なくとも iOS 3 からはどちらの証明書にも対応している。

Continue reading RapidSSL証明書購入からApache / Postfix / Dovecotでの設定まで

Blog by Tats Shibata