アフィリエイトリンクが含まれていますが、広告主などからの依頼に基づく投稿ではありません。

映像撮影機材の決め手に欠けて、いろいろ試しているのですが、Apple iPhone 15 Pro になって端子がUSB-Cになったことを気に RØDE Vlogger Kit USB-C を購入してみました。このキットは VideoMic Me-C マイクのほかに、WS9ファー付きウインドウシールド、MicroLEDライト、三脚が含まれています。VideoMic Me-C とウインドウシールドだけでも良かったのですが、これだけで10,890円だった一方、キットは12,474円と、あまり金額差がなかったのでキットにしました。

iPhoneのカメラはHDRで撮影できたり、悪くない品質を備えている一方、マイクは指向性の悪さと風切り音を拾ってしまう問題があります。そのため、マイクだけでも外付けにすると映像全体の品質が大きく向上します。iPhone内蔵マイクと VideoMic Me の音質の違いは以下の動画が参考になります。

注意点としては、iOSは VideoMic Me をヘッドセットとして認識します。そのため、VideoMic Me を接続している間は音声がiPhoneのスピーカーから再生できません。そのため、VideoMic Me にステレオミニジャックにイヤフォンなどをつないだほうが良いでしょう。撮影後すぐに確認したい場合に、いちいち VideoMic Me を抜かなくてすみます。また、オーディオモニタリングとして、VideoMic Me をぽんぽんと軽く叩いたときにイヤフォンからその音が聞こえるかどうかで動作確認できます。外音が入ってこないヘッドフォンをつなげば、VideoMic Me が拾った音だけがヘッドフォンからモニターできます。

microLEDは単独販売されていないのですが、最大300ルーメンで、ディフューザーやカラーフィルターも付属しています。色温度は変更できません。コールドシューに付けられるビデオ用LEDライトは800ルーメンで大体2,000円くらいなので、明るさ的には物足りないですが、VideoMic Me 単体との価格差を考えると持ってても良いかなと思いました。

コンデンサマイク
¥12,000 (2024/02/22 12:11時点 | Amazon調べ)
ブランドRØDE
製品名Vlogger Kit USB-C
購入店ヨドバシカメラ
購入金額13,860円(-1,386円相当ポイント還元)
購入日2023-11-19
FacebookTwitter